自作の名刺でコスト削減

calendar

2018年12月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

topics

自作の名刺でコスト削減

名刺作成の印刷にかかる費用はどれくらいか 自分で会社を立ち上げる時に準備しなければならないものの一…

more

個性的なデザインを楽しめる名刺

名刺作成はプロの力を借りましょう 仕事上、たくさんの名刺を配るという人は多いでしょう。名刺は、会社…

more

名刺作成の印刷にかかる費用はどれくらいか

自分で会社を立ち上げる時に準備しなければならないものの一つに名刺があるでしょう。多くの人は自分でデザインは考えて、印刷は外の印刷屋さんに頼むという人が多いと思います。家庭用のプリンターとプロが使うプリンターには雲泥の差があるからです。では、名刺作成の印刷を外で頼む場合どれくらいの費用が必要なのでしょうか?実際、名刺作成では紙以外にもいろいろな材質のものが選べますが、ここでは紙を素材にして名刺100枚分印刷すると仮定して説明します。
紙に印刷する場合、カラーかモノクロか、両面か片面かによって値段が決まってきます。まず、モノクロの片面は1000~1500円、そして両面で2000~2500円です。カラーならば片面印刷の場合2000~2500円です。両面は一番高く3500~4000円が平均的な相場となっています。もちろん、印刷する枚数が多ければ多いほど割引がききます。
さらに、デザインと印刷を一括して全部任せてしまうとさらに安くなる場合が多いです。さらに、選ばなければならないのが紙の質です。実際に見て触ってみると分かりますが、普通の上質紙とデラックスやプレミアムと呼ばれる高級紙では手触りや色の輝きやなめらかさが全く違いますし、値段も8~10倍ほど違います。それで名刺を印刷する時には、まずサンプル印刷をしてもらい自分のバジェットと照らし合わせながら決めるのがおすすめです。

名刺は個人で作成したほうが良い理由

自分の名札とも言える名刺ですが、欲しいと思ったら専門の業者に名刺作成を頼むこともできますが、自分で作るという方法もあります。いまや名刺作成をするのにパソコンとプリンターだけでできてしまいますので。名刺専門の用紙も家電量販店に売っています。名刺のデザインも専用のアプリがあったり、テンプレートを用意してくれていますのでそんなに難しいことはありません。写真も入れられますし、それなりのクオリティーのものは作れます。
では業者に頼むより個人で作ったほうが良いときのメリットはどのようなものでしょうか。まずは圧倒的に少ない費用で作成できることです。業者に頼んでしまうと、最初に名刺をどのようにデザインするかを作らせただけで数万円かかります。自分でデザインしてしまえば、その時点ではまだ無料です。ここですでに差が出てしまいます。さらに追加で発注するときも一口で100枚単位だったりと大量です。
しかし自分で作っていれば好きな枚数だけ自由に作れますので、無駄に費用をかけなくても良いのです、しかもデザインを変えたくなったらいつでも自分で変えられますね。紙質も自由に変えられますし、本当に自分好みの名刺が作成できるのです。業者だと発注してからもすぐに持ってきてくれるわけでも無いので、そこも個人作成のほうが有利と言えます。

article

オリジナル名刺を作成する際は

名刺を自分で作成するには 企業などで働く上で自分の名前を相手に覚えてもらうといったことがとても大切になります。その際に営業マンの必須アイテムとして名刺と言うものがあります。各営業マンや企業などがオリジナルの名刺作成をして、相手にどれだけ印象付けるのかが大切になります。名刺作成をしてくれ…

more

業者に注文をする際におさえておきたいポイント

名刺作成について 企業に入社している方や営業を行っている方につきましては、名刺が必要になってくる場合が多くなってきます。名刺作成方法としましては基本的にはパソコンがあって使い方を熟知している人であれば作成は可能となっています。また、近年におきましては専用のソフトも販売されておりますので…

more

Copyright(C)2017 レイアウトを決めてから業者に名刺作成を依頼する際のポイント All Rights Reserved.